ブログ

海外発送してもらえる絵本の配本サービス 3 社

スイスで子育てをしていく中で、
私たち日本人の親として考えるのが、「子供の日本語教育」

特にパートナーが、スイス人やほかの国籍といった日本人以外で、
家での会話が日本語でない場合は、
子供の日本語能力は、私たちの努力次第ということになります。

子供が小さいうちは、家で過ごす時間が長いのでそこまで気に留めなくても、
幼稚園、小学校・・と進むにつれて、どうしても日本語を使う機会が減り、
子供にとっても、現地語の方が楽になってしまいます。


そこで、提案したいのが、

小さい頃から日本語の絵本・本に触れる習慣づくり


子供が小さいときには、絵本を読み聞かせ、
自分で読める年齢になれば、好奇心をくすぐる物語や、
本当の意味での “面白い本” があれば、子供は必ず本が好きになります。

「この本を読みたい!」という思いは、
日本語を勉強するモチベーション維持にもなります。


では、どうやってそんな “良い本” を見つければいいでしょうか。
海外に住んでいると、余計に日本の絵本や本は手に入りにくいですよね。


そこでオススメするのが、 絵本の定期配本サービス です。


日本には、子供の年齢に応じた絵本や本を、
毎月自宅に送ってくれるサービスがあります。

そこでこの記事では、
海外発送してもらえる絵本の配本サービスを紹介します。

配本サービスを利用するメリットは、子供の日本語を育てるだけでなく、
自分では選ばないような絵本が子供のお気に入りになったり、
隠れた良書を知るきっかけとなったり、良いおまけがたくさんありますよ🌟


スポンサードリンク



海外発送してもらえる 絵本の定期購読サービス3社

童話館ぶっくくらぶ

dowakan
http://www.douwakan.co.jp/bookclub/

30年以上の実績をもつ、絵本配本ネットワーク。

配本される絵本は、比較的、海外の絵本を翻訳されたものが多いので、
スイスに住んでいる私たちにとっては、
描かれている風景やイラストのタッチなどは、身近に感じます。

また、子供向けの絵本だけではなく、
子供の病気についてや子育ての指針となる、親のための本も年に何度か配本されますよ。

サービス内容・特徴
  • 子どもの名前で絵本が届く
  • 年令別にコースが選べる
  • 年に数回、親のための本も配本される
  • 季節ごとに、暮らしに役に立つ本やおもちゃの案内などがあり、注文もできる
  • 読者の声や、子育てや家族についての情報紙「ぶっくくらぶ通信」が毎月届く

送料・支払方法
  • 送料  : (スイスの場合) 2 冊 1000 円、3 冊 1300 円
  • 支払方法: クレジットカード、ゆうちょ銀行口座振替、銀行口座振替



絵本クラブ

ehonnavi
https://club.ehonnavi.net/

絵本の評価サイト「絵本ナビ」が提供する、絵本の配本サービス。

ロングセラーの名作絵本を中心に、
ユーモア作品などの良書が、年齢別にバランスよく選ばれています。

サイトで配本リストが公開されているので、
どんな絵本が届くのか、事前に分かりますよ。

サービス内容・特徴
  • 年令別にコースが選べる。
    大人向けの絵本コースや、パパ向け、プレママコースなどもある
  • 子供に合わなかったり、本が増えすぎて手放す場合、
    ポイントバックで引き取ってくれる
  • 絵本のリストはすべて公開されていて、先輩ママたちのレビューもチェックできる

送料・支払方法
  • 送料 : (スイスの場合) 2 冊 1100 円、3 冊 1450 円
  • 支払方法: クレジットカード、代金引換、銀行振込、現金書留




ブッククラブ「絵本の本棚」

creyonhouse
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/bookclub.aspx#

子どもの本の専門店として 40 年以上の経験をもつ「クレヨンハウス」の、
絵本・児童書の配本サービス。

長年親しまれてきたロングセラーの絵本を中心に、
プロの視点で選び抜かれた絵本が、子供の年齢に合わせて毎月送られてきます。

サービス内容・特徴
  • 年齢別、洋書、新刊、大人の絵本、ユーモア絵本が選べる
  • 子どもの本の情報誌『クレヨンハウス通信』が毎月無料で読める

送料・支払方法
  • 送料  : 実費
  • 支払方法: 銀行、郵便局の自動引き落とし、一括払い込み( 年度末 3 月までの代金のまとめ払い )


さいごに

絵本や本からは、正しい日本語を学ぶだけではなく、
物語の「疑似体験」ができて、子供の世界が広がります。


本から学ぶ世界は、一生の宝であり財産。


定期購読するとなると、本の代金に加えて送料もかかるので、
それなりに出費がかさみますが、それだけの価値は必ずありますよ‼

ぜひ検討してみてくださいね。

童話館ぶっくくらぶhttp://www.douwakan.co.jp/bookclub/
絵本クラブhttps://club.ehonnavi.net/
ブッククラブ
「絵本の本棚」
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/bookclub.aspx#


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PR広告

ページ上部へ戻る