ブログ

ピラトゥス山観光!おすすめのルートで絶景を楽しもう!

ユングフラウヨッホや、ツェルマットほど有名ではないにしても、
中央スイス・ルツェルンには、
太古の昔から竜が住むという伝説をもつ、ピラトゥス山があります。

世界で最も急勾配の登山鉄道に乗って、山頂まで行き、
頂上から望むアルプスの山々と湖の美しいパノラマは、息をのむ美しさ!

まずは、ピラトゥス山までの道のり、頂上からの眺めを、
こちらの動画で味わってください:


今回は、ピラトゥス山観光で絶景が楽しめるオススメのコースを、
たっぷりの写真と共に、お届けしたいと思います。


スポンサードリンク



ピラトゥス山の行き方!おすすめのルートは?

ピラトゥス山を道中も含めて、堪能するおすすめのルートはズバリ、

Luzern
 ↓ 
Alpnachstad
 ↓
登山鉄道
 ↓
Pilatus Kulm  
 ↓
ロープウェイ
 ↓
Kriens
 ↓
Luzern


ルツェルンから Alpnachstad (アルプナッハシュタット) までは、S-Bahn で行けますが、
5 月 ~ 10 月中旬の間なら、
断然!ルツェルン駅前から出ている船で行くのが、オススメです🚢

湖クルーズで、ルツェルンの街並みを湖側からも堪能できるのです♪

ちなみに、船を利用するルートは、Pilatusの公式サイトで公開している、
Golden Round Tripというプランが便利です。
一般料金では 106 CHF 、Halbtax を持っていれば 54CHF です。



ピラトゥス山 登山鉄道の旅で絶景を楽しもう!

では、実際に登山鉄道に乗った時の様子を、
写真付きでレポートしていきたいと思います。

CIMG8943
ここが、Alpnachstad (アルプナッハシュタット) の登山鉄道乗り場。
伝説の竜のシルエットが目印です。


早速、登山鉄道に乗り込みます!
CIMG8955
さすが、世界一、急勾配のレールを走る登山鉄道といわれるだけあって、
かなり体が傾きます・・💦


電車はゆっくり進むので、車窓から見える景色をじっくり楽しめますよ。
CIMG8959

しばらく緑色のほのぼのした景色が続いた後、
急に、荒々しい岩肌にかわります!

CIMG8961 CIMG8969
この写真は 10 月に撮影したものですが、すでに雪が・・⛄‼
高度がどんどん上がっていくのを、実感します。

森林限界の標高 1,800m を超えると、もう木はありません。

CIMG8977
登山鉄道の途中の停車駅で降りて、頂上までハイキングする人も。
その体力と意思に脱帽です💨


頂上に建てられた山岳ホテル「Hotel Pilatuskulm (ホテル・ピラトゥスクルム)」
が、見えてきました!
CIMG8978

登山電車での旅は、約40分間。 頂上に到着です!
CIMG8984
標高 2132m のピラトゥス山から見下ろす、
Vierwaldstättersee フィアヴァルトシュテッターゼー(ルツェルン湖)の景色。

美しい・・


頂上の散策やお土産選びを楽しんだ後は、
今度はゴンドラに乗って、Kriens (クリエンス) に向かいます。

CIMG9005
CIMG9009

登山鉄道とはまた違った風景が楽しめます。
約30分間ゴンドラに揺られていると、Kriensの街が眼下に広がります。

CIMG9012
Kriensに到着!
ここからは、バスかトラムでルツェルンまで戻り、今回の旅は終了です。


ピラトゥス山観光!着ていく服装は?

  • 春~秋はウインドブレーカーやパーカーなどの羽織り物
  • 冬はダウンジャケット
  • 動きやすいパンツ
  • 比較的底がしっかりした運動靴
  • ハイキング目的なら、トレッキングシューズ
  • サングラス

夏でも天気次第で、山の頂上は結構冷えます。
地上は T シャツで大丈夫でも、
脱ぎ着ができるようにウインドブレーカーやパーカーを持っていきましょう。

ちなみに、私が訪れた10月初旬は、
登山鉄道で移動中は風が冷たく、薄手の長袖 1 枚では寒かったです💦

また、冬でも頂上の日差しはきついので、サングラスを忘れないでくださいね。



施設情報


CIMG8943
Pilatus Luzern

住所 :
Schlossweg 1
6010 Kriens/Luzern

Tel : 041 329 11 11

公式サイトへ





スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PR広告

ページ上部へ戻る