ブログ

スイス在住者がドイツで買い物する場合の免税手続きと還付金の受取り方

スイス国内でも、ドイツやフランス、イタリアとの国境に近いところに住んでいる人達にとってのお楽しみは、なんといっても隣国へのショッピングですよね。
普段と違う品揃えにワクワクするだけでなく、なんといっても物価が各段に安い!!

しかもスイスの特権は、EU加盟国のドイツやフランス、イタリアで買い物をした場合、付加価値税(VAT・・Value-added tax)が戻ってくるということ。

付加価値税というのは、商品の金額に内税で含まれている税金で、日本でいう “消費税” に当たると考えると分かりやすいですね。
これは、EUに加盟していないスイスに住所を置いて生活している私たちは、本来払う必要のないもの。
きちんと免税手続きをすれば戻ってくるのです。

ただ免税の手続きはひと手間いるので、初めての場合はちょっと戸惑うことも・・

そこで今回は、スイス在住者がドイツで買い物した時の免税手続きについてまとめました。
なんでもかんでも免税になるわけではなく、そこはやはり上限や例外があります。

税関や国境では、購入したものを厳しくチェックされることもあるので、無用なトラブルを防ぐためにも、ぜひ事前に確認しておいてくださいね。


スポンサードリンク




スイス在住者がドイツで買い物した時の免税手続き

免税手続きは、簡単にまとめるとこの4ステップで行います。

  1. 店舗で付加価値税(VAT)を含んだ総額を支払う
  2. 店舗で免税書類をもらう
  3. ドイツ出国前に税関で書類と現物を見せ、スタンプをもらう
  4. 次回来店時に免税書類を渡すと、還付金を受け取れます


ただ、買い物をする前に、

  • ドイツの店舗でのVAT還付条件と、
  • スイスに持ち帰る(輸入する)ときの関税について
確認しておかないといけませんので、順番にまとめていきますね。



ドイツのVAT還付条件

  • 買い物をする店舗が、免税対象店である
  • 購入者がEU圏以外に居住している
  • 1店舗における購入額が 25EUR 以上 (店舗によっては異なる場合あり)
  • 個人で使用するもの (もしくは贈り物として利用するもの) である
  • VAT 還付対象品目である
  • 払い戻し期限は、購入日から90日以内

※参考資料:zoll.de (ドイツ税関~EU加盟国外に在住する人の免税について)


免税対象店では、入り口やレジ付近に免税店であることを表すステッカーが貼られています。


【画像引用:http://www.globalblue.com/】

まれに、ステッカーを貼っていなくても対象としているところもあるので、分からない場合は買い物する前に店員さんに尋ねてみましょう。


最後の「VAT還付対象品目」ですが、
基本的には、買い物で手元に残るものは免税対象になります。(例外:自動車用品)


対象外になるのはいわゆる “サービス” で、
例えば「宿泊費」「交通費」、レストランなどでの「飲食代」は、免税対象にはなりません。




スイスの関税免除条件

  • 購入額の総額が、1人1日あたり 300CHF 以下
    超えた場合は、スイスの税金 (一般品目:8%、食料品・本・薬関係など:2.5%) がかかります


  • 特定品目の免税範囲 (1人1日あたり)
    肉類・・ 1kg まで
    バター・クリーム(乳脂肪15%以上)・・ 1kg/1ℓまで
    油・脂肪・マーガリン・・ 5kg/5ℓまで
    アルコール飲料 (アルコール度数18%未満)・・ 5ℓまで (17歳以上)
    アルコール飲料 (アルコール度数18%以上) ・・1ℓまで(17歳以上)
    タバコ類・・ 250本まで

※参考資料:スイス税関~免税範囲について





免税書類について

免税手続きには、
免税申請書類 (Ausfuhr- und Abnehmerbescheinigung für Umsatzsteuerzwecke bei Ausfuhren im nichtkommerziellen Reiseverkehr) が必要です。





基本的には、店舗に用意してありますが、
ドイツ税関のホームページからダウンロードして印刷したものを、お店に掲示してもOKです。




zoll.de (ドイツ税関)


買い物をしたら、レジ、またはインフォメーションカウンターで、免税申請書類を発行してもらいます。

店舗側で、

  • 購入した商品の品名・価格(レシート添付)
  • 合計金額
  • 免税額
  • 店舗名、日付、担当者のサイン

を記入してもらえるので、

自分は、

  • 購入者の住所・氏名・パスポート番号(記入欄があれば)

の欄を記入すればOK。





この免税申請書類を、駅や国境にあるドイツの税関に持って行くと、確認スタンプとサインがもらえます。
この時、パスポートと購入した品物を見せるよう指示がある場合があるので、準備しておきましょう。


これで申請書類は完成です。
次回、購入したお店に来店する時に書類を渡すと、還付金が受け取れます




スイスに戻るときの国境での検問

電車で国境を超える場合は、電車内で検問官から購入したもののチェックを受ける場合があります。


車で超える場合は、基本的には徐行で通過することができますが、無差別に車を停められてチェックが入ります。

この時に確認されるのは、

  • 持ち込み禁止物を持っていないか
  • スイスの関税免除を超えて買い物をしていないか

です。

通常は、買い物のレシートを見せて証明すれば済みますが、
たまに車のトランクを開けて、実際に品物を確認されることもあるようです。

今後も安心して買い物を続けるために、購入上限や品目は守りましょうね。



スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PR広告

ページ上部へ戻る