ブログ

紫キャベツのレシピ!美味しい煮込み料理を作ろう♪

紫キャベツは、スイスでは年間を通してスーパーで手に入りますが、
本来の旬は 秋から冬

11 月 ~ 2 月になると、
野菜売り場のちょっと目立つコーナーに並べられるので、
目にする機会も多くなりますよね。

3cbed769ba80697d0bcff11ba6de0781_s
ところで、紫キャベツといえば、
その鮮やかな紫色を活かして、薄切りにしてサラダやマリネにしたりと、
生でいただくイメージが強いですが、サラダ以外の料理はご存じですか?


今回は、スイスの家庭料理の一つでもある、
紫キャベツを丸ごと使った、美味しい煮込み料理レシピを紹介したいと思います!

我が家でも、寒くなってくると、スイス人の旦那さんから、
「アレまた作ってよ!」と、
1 週間に 1 度リクエストが入るくらい好評のレシピです♬

ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサードリンク


紫キャベツと栗の煮込みのレシピ

rotkraut_8_1

材料(4人分)


rotkraut
  • 紫キャベツ  1 玉( 約 500g )
  • 玉ねぎ  1 玉
  • 茹でて皮をむいた栗 100g
  • 赤ワイン  250ml
  • 野菜ブイヨン  200ml
  • バター  大さじ 1
  • 塩、こしょう
  • 付け合わせ Spätzle 1 袋
※付け合わせは、「Spätzle / シュペッツレ」というたまご麺を使っていますが、
 もちろん、ふかしたジャガイモやご飯でも美味しいですよ♪


作り方


    rotkraut_3

  1. 材料を下準備します。
    玉ねぎは薄切りに、紫キャベツはスライサーで千切りにして水にさらした後、ざるにあげて水気を切っておきます。


  2. rotkraut_2

  3. 中火で熱したお鍋にバターを入れ、玉ねぎをよく炒めます。


  4. rotkraut_4

  5. 玉ねぎが色づいてきたら紫キャベツを入れて、全体に火が通るまで木べらで混ぜながら、炒めます。


  6. rotkraut_5

  7. 塩をひとつまみ入れてひと混ぜしたら、赤ワインと野菜ブイヨンを入れます。


  8. 121166

  9. 弱火にして、蓋をして約 1 時間煮込みます。

    煮込んでいる間に、付け合わせのシュペッツレを、袋の表示時間通りに茹でておきます。


  10. rotkraut_6

  11. 汁けがなくなってきたら味見をして、味が足りなければ、塩・こしょうで調整します。


  12. rotkraut_7

  13. 栗を入れて全体的に混ぜます。


  14. rotkraut_8_1

  15. お皿に盛りつけて、完成♪
    パセリを載せると、彩りがよくなりますよ!




紫キャベツの煮込み料理!美味しくするコツは?

私が、今まで何度も作る中で、分かったことなのですが、
一層美味しくなるコツがあります!


そのコツとは・・・

野菜ブイヨンは若干、濃い目に作ること!


野菜ブイヨンは、固形と粉末のどちらを使っても構わないのですが、
箱や袋に書かれている目安よりも、濃い目に作るようにしましょう。

・・というのも、スープなどを作るときと同じ味付けにすると、
紫キャベツから出てくる水分で、味が薄まってしまいます

濃い目のブイヨンで煮込むことで、
紫キャベツに味がしっかりしみ込んで、とっても美味しくなりますよ👍



さいごに

紫キャベツは、煮込むことでとても柔らかくなってかさもへるので、
サラダでいただくよりも、たくさん食べられます。

また、次の日には味がなじんで、さらに美味しくなってます。

紫キャベツのサラダに飽きた時、また、丸ごと1玉を消費したい時にも!
ぜひ、作ってみてくださいね。


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PR広告

ページ上部へ戻る