ブログ

スイス全国乗り放題!便利な 1 日乗車券を利用しよう!

物価の高いスイス。
電車やバスなどの、公共交通機関の料金も例外ではありません。

例えば、ベルンから東スイスの St.Gallen へ日帰り旅行をする場合を考えてみると、
時間的には、一番早い電車で片道 2 時間ほどかかりますが、
スイス国鉄で通常料金で往復する場合、なんと 142 フランもかかります!

半額券 ( Halbtax ) を持っていても、71 フランと立派なお値段。

お出かけを躊躇してしまいそうな金額ですが、そんなときの強い味方、
お得な 1 日乗車券を利用しましょう!!

tageskarte5

1 日乗車券が購入できる場所は、


  • 住まいの自治体
  • SBB ( スイス国鉄 )

の 2 ヶ所がありますが、
事前に旅行日が決まっている場合は、断然!自治体で購入する方がお得です。

値段を比較してみると、
SBB では、2 等席での 1 日乗車券は一律 73 フラン
平日の朝 9 時以降の利用の 1 日乗車券は、58フラン
(※2016年6月現在 参考:http://www.sbb.ch/abos-billette/billette-schweiz/tageskarten.html)

一方、自治体発行の 1 日乗車券 ( 2 等席 ) は、 40 ~ 50 フランで購入できます。
( 料金は、自治体によって異なります。)


自治体では、1 日の発行枚数が決まっているので、
旅行が決まったらなるべく早く予約しておくのがオススメ。

1 日乗車券を持っていれば、主要駅間の移動だけでなく、
市内のトラムやバス、船などにも乗車できるので、
いちいちチケットを買う手間が省けるので、旅がとてもスムーズになりますよ👍


ではここで、自治体の総合ホームページから 1 日乗車券を購入する場合を、
シミュレーションしてみたいと思います。

スポンサードリンク


自治体の総合ホームページから 1 日乗車券を購入する場合の流れ

  1. まず、Gemeinde の総合ページ
    http://www.tageskarte-gemeinde.ch/en-us/ にアクセスします。


  2. お住まいの州を選びます。
  3. tageskarte2


  4. 1 日乗車券を使いたい日にちを選びます。
    緑色の日付は購入可。オレンジ色は売り切れです。
  5. tageskarte3


  6. 自治体の予約ページに移るので、もう一度利用する日を選びます。
    初めて購入する場合は、Register ( 登録ページ ) で住所・氏名などの個人情報を入力、
    以前に買ったことがある場合は Login ( ログイン ) します。
  7. tageskarte4


  8. 全て入力を終えたら、Save reservation で手続き完了。
    すぐに登録したメールアドレスに確認メールが届くのでチェックします。
  9. tageskarte


  10. 記載の期限内 ( このメールでは 3 日以内 ) に、予約した市役所、もしくは指定の場所に引き取りにいきましょう!
    料金は、現金、もしくは銀行のカードで支払いができます。




総合ホームページに住まいの自治体が載っていない場合は・・・

上で紹介した自治体の総合ホームページでは、すべての自治体を網羅しているわけではありません。

もしお住まいの自治体が載っていない場合は、
直接、市役所のホームページをチェックしてみましょう。

Google検索で、「住まいの自治体名 + Tageskarten」と検索をかけます。
例えば「 Kriens Tageskarten 」、「 Küssnacht am Rigi tageskarten 」というように。

そうすると、たいてい検索結果の最初の方に、
1 日乗車券の購入ページか、案内ページが出てくるので、同じように手続きを踏めば OK です。




裏ワザ!?住まいの自治体の 1 日乗車券が売り切れの場合の最後の手段!

残念ながら、旅行したい日の1日乗車券が売り切れていた!
または、検索をかけてもどうしても出てこなかった!

そんな場合でも、まだ手に入れる手段はあります


自治体発行の乗車券が購入できるのは、原則、そこに住んでいる住人が優先。
でも、日が近くなっても余っている場合には、
他の地域の購入希望者にも 開放してくれるのです!


何日前から開放されるかは、自治体によりますが、
私が利用してきての経験だと、2 日前~というところが多いようです。

ちなみに、田舎の自治体は、結構ねらい目です🌟

乗車券の取り扱い条件は、たいてい自治体のホームページに書かれています。

週末や祝祭日の乗車券となると、ちょっと難しいかもしれませんが、
平日であれば可能性は広がるので、チェックしてみる価値はありますよ!


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PR広告

ページ上部へ戻る